FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

コリアンダイアリー
○○韓国雑感 韓国は楽しい○○
 元福岡県ソウル駐在員の山下です(現在、県粕屋保健福祉環境事務所勤務)。韓国に住んでみると、本当にいろいろなことがありました。もちろん楽しいこともたくさんありました。現在福岡なんですが、一韓国ファンとして皆さんに情報発信をさせていただきます。


トップページ

ご意見、ご感想
花をクリック

 

以前の日記は
2009年(9月8月7月65月4月3月2月1月
2008年(12月11月10月9月8月7月65月4月3月2月1月
2007年(12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2006年(
12月
2001年〜2006年11月(
や、ましった2やました2やました3へほぼ毎日更新
     
toppage   7月日記   8月日記   掲示板

2008年7月31日

ソウル風景  その2友人の写真屋さん
その3 ロッテ入り口 その4 市庁前
その5 ユーモあります その6

今月も終わり

 今日で、今月も終わりです。今月もいろいろなことがありました。当然ではありますが、今日から1泊2日で職員研修所にて、研修があります。新しく、今の職場に来た方のための研修とのこと。先日久しぶりに、職員研修所で研修を受けたという話をしたばかりなのに面白いもので、続くときは続くものです。

 昨晩、本当に久しぶりに弟と会いました。県外にいることもあり、なかなか会うことはありません。弟は、そんなに変わっていませんが、子供さんが大きくなっていたので、そんなに会っていなかったのかと・・・ 笑ってしまいますね。自分の気持ちも18歳ぐらいから変わってはいないのですが、長女も20歳になっているし、何を思っているのかと・・・ 確実に年は取っているのですから。

 今月、一番インパクトがあったのは、日韓通訳ですね。最初は、挨拶だったので、うまいじゃんなんて自分で思っていたのですが、内容が複雑になるにつれて、自己嫌悪になり、今では、それをばねになんていうと大げさですが、普段話している内容も、自分で、頭の中で韓国語に訳しているし・・・ それから、2番目は、夏休みをとって、韓国に行ったこと。済州道の事前研修もそれなりに楽しかったですね。

 来月は、どんな月になるか楽しみであります。今は、なんと言うか、ポジティブに何事も捉えきれるようになったような気がします。今日からの1泊研修もちょっと楽しみにしています。違う環境で、寝れるというのも・・・

2008年7月30日

ソウル風景 その2 
その3  その4
その5 その6

せみ時雨

 今月も残すところあとわずか・・・ 昨日は、子供の誕生日でした。それにあわせて電話をしました。元気そうで・・・ いつもは、メール名もので、声を聞けるというのはいいものですね。その子が生まれたときは、韓国にいたのですが、出張で、東南アジアに行っていました。ふとそんなことを思い出したりして。昔の思い出というか、それはそれでという感じですね。

 最近、せみ時雨、特にすごいです。夏だからそうなんでしょうが、内の家の前にもせみのなきがらが落ちていました。成虫になってからのせみの命って短いですからね。だkらこそ、朝早くから、泣いているのでしょう。自分で、自分の立場がわかっているんですね。きっと、人間の場合、教育を受ける機会がありますが、せみはないわけで、その分、体に染み付いているんでしょうか。

 昨日は、久しぶりに運動に行ってきました。今週初めてです。体が軽かったです。久しぶりだからかもしれません。思わず、運動しすぎかなと思ったぐらいです。私は、力関係の運動より、有酸素運動をしようと心がけています。それで、当然というか、バイク(自転車)、ジョギング系統になります。おかげで、体重も、ここ数年で、一番落ちていました。体重が落ちるとまたしたいと思う出すね。ダイエットに体重計がいるというのもわかるような気がします。

 運動をすれば、万病を防ぐとはいかないでしょうが、ある程度、それは、可能なような気がします。事実、最近、風邪引いていないし、せみ時雨を聞きながら、夏を実感し、自分が生きていることを再確認しながら、そろそろ仕事に行きますか。

2008年7月29日

ソウル風景(ロッテホテルシリーズ) その2 
その3  その4
その5 その6

旧伊藤亭について

 昨日は、無窮花(ムグンファ)堂についてだけ、触れましたので、今回は、旧伊藤亭について、触れたいと思います。1860年、厳重の飯塚市に生まれた伊藤伝右衛門は、苦労の末、石炭事業を展開し、筑豊地区で貝島、麻生、安川らの御三家にンラブ事業家として成功を収めました。事業で得た巨万の富を、現在の嘉穂東高等学校の創設、伊藤育成会の創設など、教育・文化事業に注ぎ地域社会に還元しました。

 その彼の旧家が保存され、公開されているというものです。ただ、他の意味でも有名です。50歳のときに25歳年下の人と結婚をするのですが、その小柄な彼女のためにわざわざ玄関の敷居を低くし、彼女は、自分の手の届かない人だからと2階の間を作り、そこには、彼は、立ち入ることはなかったそうです。毎月、今のお金で500万円払っていたそうですが・・・

 結局奥さんの不倫で、破局。昔ですから、女性から離婚なんてことができませんので、彼女は、新聞にその事実を掲載したそうです。彼としては、許されない行動でしょう。ただ、彼は、それについて何もとがめることをしなかったそうです。結局離婚に応じたとの事。なんと言うか、そこまでするのかなと思ったのでした。ちょっと悲しい歴史のある家ですよね。

 これが明るいほうの観光地だとすると、昨日紹介した観光地は、暗の観光地。両方組み合わせて、飯塚をPRするといろんな意味でいいのかなと思ったところです。

2008年7月28日

ソウル風景 その2 
その3  その4
その5 その6

無窮花堂と旧伊藤亭に行ってきました

 昨日は、無窮花(ムグンファ)堂と旧伊藤亭に行ってきました。写真は、後日紹介します。8月に入ってですね。場所は、飯塚にあります。無窮花堂は、筑豊地区の炭鉱で働かされた無縁仏となった朝鮮半島出身者の追悼施設です。この建立に尽力されたペレソンとは、数年前韓国であっていました。その彼は、先月亡くなられました。

 筑豊地区というか、日本の暗の部分だと言えます。その建立のために、ペレソンの努力があり、国が動き、市が動いたそうです。遺骨を返すために、私財をなげうって、韓国にも足を運んだそうです。説明を代表の方がしてくれました。生々しいものでした。そして、言われたのは、建立式のイベントをしたときに一番集まってくれたのは、在日の方ではなく、日本人だったと・・・

 もっと、この施設を知ってもらい、理解を深めて欲しいと・・・ いろいろ考えさせられました。私たちの訪問団は、20名弱で、その中には、在日の方もいらっしゃいましたし、歌舞団のメンバーも入っていました。韓国が好きだ、韓国と交流をしたいという人の集まりで・・・ 最後に歌舞団の皆さんが、挨拶をし、アリランを無窮花堂の前で歌いました。平和の祈りのように聞こえました。近くには、無窮花が咲きあふれていました。

 とても暑かったのですが、終戦のその時期もきっとこんなに扱ったんだろうと思いながら、会場を後にしました。それから、旧伊藤亭に移動しました。旧伊藤亭については、明日、書かせてもらいます。今日は、楽しみな、語ろう会の日です。一人、新しい方からの問い合わせがありましたから、いらっしゃるかもしれません。ちょっと楽しみです。

2008年7月27日

ソウル風景 その2 
その3  その4
その5 その6

友人宅にて

 本当は、今日あったことを書こうと思ってましたが、今日紹介する写真を見て、ソウルでの話を紹介します。私には、韓国に友達も多いのですが、その中でも先輩格の方と、弟分、それに同級生が各数名います。今回紹介するのは、弟分の一人です。大体ソウルに行くと必ず、会うことにしています。もともと、ソウルにいたときにある方から紹介をしてもらい、それが縁で・・・

 私の名前が、「や、ましった」だから、おいしいものを食べに行く会を作ろうという話になり、それから、週に1〜2回あっていたのでした。日本人の兄貴は、私ともう一人しかいないというので、結構大事にしてくれるんですね。私も嬉しくて、今、日本にいますが、時間を作って会うようにしています。今回も電話をして、会う約束をしたのですが、なぜか、彼は車で来るんですね。

 その理由は、車に乗ってわかったのですが、彼の家の近くで、食事をし、彼の、家庭で一緒に軽く飲もうという話だったのです。私は嬉しかったですね。良く、招待されることはあるのですが、大体遠慮しています。そういう私の性格を知って、内緒で車で来て・・・ 私が結婚していたときも、いろいろ呼びたかったのですが、結局、あんまし呼べてませんから。相手のことを考えますからね。結果的に、自分のパートナーに迷惑かけるから。

 近くのうなぎや出うなぎを食べ、それから、彼の家に行きました。とても広い家でした。さすが社長さん・・・ そうは言いつつ、彼は、彼なりに苦労をしていました。体を壊したり、仕事面でも幾度も辛い局面があったとの事、それを乗り越えてこれたのは、家族だとはっきり言い切ります。特に、やっとできた一人っ子は、目に入れても痛くないような・・・ 家族の力は強いものですね。

2008年7月26日

ソウル風景 その2 
その3  その4
その5 その6

久しぶりの韓国語研修

 事前研修で、韓国語三昧とまではいかないのですが、韓国語に触れることができて嬉しかったですね。参加者は5名で、結構、うまい人が集まっていて、そこそこ楽しかったです。自己紹介のシーンで、皆いろいろ工夫していて、ただ、私の場合、いつも思いつきで、原稿を読むわけではないので、原稿を作ってそれを表現するというのは、ちょっと、苦手で・・・

 団長とか、副団長、庶務といった役職を決めるのがひとつの目的だったのですが、講師から、団長がいろいろまとめないと大変ですよなんて、私に言われるものですからその段階で、私が団長になりました。笑ってしまいましたが、まあ、年齢的にも私がするのがいいのかなとも持ったのでした。ただ、副団長の方は、私が都合が悪いときに挨拶等をする立場なのですが・・・ 

 講師の方は、私が、昔から知っている方で、まあ、いろいろ集まりがあるときにあっている方ですから、ご主人も別の場所であっていて、その方と講師が夫婦だということに気がつかず、気がついたのは、一緒の場所で食事をしているときに別々に話しかけられて、笑ってしまいますね。そんな因縁みたいなものあるんですね。

 今日は、本当は、子供たちと飯でもと思っていたのですが、電話するのが億劫というか、アレンジを子供に頼んでいたので、結果的になしになりました。そうそう、過去のダイアリーで指示をいただき、指示の部分につき一部削除しましたのでお知らせします。

2008年7月25日

ソウル風景 その2 
その3  その4
その5 その6

今日は、職員研修所に行きます

 久しぶりに職員研修所へ行ってきました。研修所まで歩いていこうかとも思ったのですが、この暑さ歩いたら、汗だくになるのはわかりきっていますし、倒れるかもしれませんから、大げさですがね。とりあえず、公共交通機関で行くことにしました。コミュニティバスがあり、それを利用するのですが、次官が読みにくかったこともあり、早めにスタートしました。

 おかげで、時間以上前に到着しました。研修所は、大体環境の良いところで、交通の便があまりよくありませんね。それだけ、研修に集中しろということなのでしょう。久しぶりの研修所です。研修を受けるということは、その人のスキルアップになりますし、ひいては、仕事の向上につながりますから。やはり必要か名と思うのでした。

 ただ、県庁内にいると研修を受けるチャンスは余りありません。時間の制約があり、自由に時間が使えないからです。そういう意味で、今回の異動で割と自由に研修が受けられるというのは、嬉しいですね。そうそう、今回の研修は、済州道研修の事前研修ということで参加です。この研修には、私の思い入れがあり、選ばれたときは本当に嬉しく思いました。

2008年7月24日

ソウル風景 その2 
その3  その4
その5 その6

気分転換にはなりましたが

 今日は、朝からばたばたしてました。午前中は午前中で、来客が2組ありましたし、昼からは、セミナーでしたから。今の仕事は、地域に密着した仕事だなと改めて思ったのでした。何か疲れが出たというか、ばてたわけではないのですが、仕事後に自宅近くのジムへ足を運びました。案の定、体重増えていました。それがあるのかもしれませんね。

 バイクに25分乗って、他のマシーンも少し使って、その段階で、疲れたと感じたのと、知り合いからの呼び出しもあり、そのまま、切り上げました。風呂に入って、サウナして・・・ バット汗が出ました。爽快感がないのが不思議でした。ただ、先日も書きましたが大きな風呂に入るというのは気持ちがいいですね。風呂上りのお茶がおいしいというのを改めて感じたのでした。

 ただ、飲むと汗がまた噴出してくるし、行きつけの卸百家に足を運ぶとそこには、知り合いがはじめてました。私は、今日は、休肝日だったので、水を頼みました。それとなぜか、食欲もなくて、トマトを頼みました。その知り合いいわく、水とトマトね・・・ まあ、好みですから。店を出るときは、また、汗が出てきました。水というか、お茶系がいいですね。本当は、コーラ飲みたかったんですが、また、変に喉が渇きますから。

2008年7月23日

ソウル風景 その2 
その3  その4
その5 明洞で作っためがね

気分転換にはなりましたが

 韓国訪問は、リフレッシュになりました。いろんな意味で充電できましたから。ただ、気が、緩んでしまったというのがあります。自分ではそんなことはないと思っていましたが、仕事に対する意気込みというか、意欲が足りないなと改めて、ここ数日で感じています。具体的には、書きませんが、本当に困ったものです。

 今回の訪韓は、セミナーに参加することと、写真のめがねを作ることでした。両方ともそれがかないました。前回作っためがねは、そんなに昔作ったというのではないし、車に乗るときぐらいしか使っていなかったので、新しくしてるんですがね。度が合わなくなっていました。このめがねは、フレームが2万w、レンズが3万wでした。値切ることもなく、買いました。

 それと、恒例のダイエット茶も買いました。食欲を抑えるようなそんな作用があるような気がします。そうは言いつつ、結構太ったんじゃないかちょっと不安です。明日、ジムに行くようにと思っていますから、その時には、わかりますよね。もともと健康というか、太りやすい体質なので、ちょっと油断するとすぐに太ってしまいます。今現在もダイエット中といいつつ、ずっと減っていませんから。

2008年7月22日

ソウル風景 チョゲチョン その2 行きつけのタバン
その3  その4
ビールの泡 市内風景

やはり

 もてる方ではないのですが、今日は酔っているので明日電話しますと言われるとちょっと期待して(馬鹿ですね)、待っていましたが電話ないし、私から電話するのもおかしな話なので、ホテルにいます。そうはいいつつ、そろそろ出ますが・・・ そして、ばったり会うんですね。ソウル広いんだから、他で会いましょう。

 そういう出会いというのが結構多いんです。笑ってしまいますが、そういうのが出会いなんですね。そう思います。そういう意味で、人生楽しんでいるんですね。久しぶりにダイアリーをアップしています。いろんな意味で、いろんな人に支えられているなと実感しています。そういう意味で、今回の旅行は良かったような。。。

 いろんな人の気持ちが嬉しかったし、その出会いが楽しかったり、髪を切りに行ったのに、全くそれはなくて、次回、行かなくてはならにのかと思ったり(日本で行きますが)。いろいろ楽しい経験をさせてもらいました。めがねも作ったし。次回は8月釜山ですね。いろんな意味で楽しみです。

2008年7月21日

ソウルの居酒屋 その2
その3 アンジュ その4
ソウル観光ホテルが コーロンビル

ソウル観光ホテルが

 私のお決まりのホテルがあります。ホテルではなく旅館ですね。そこのお得意さんで、そこの女性支配人は、気を使ってくれます。韓国の旅館は、ビジネスホテルであって、連れ込みホテルでもあるからいつもひとりで泊まる私といては、横の部屋に刺激的な人たちがいることは、私が眠れませんから・・・

 いつも端の部屋(301号室)を準備して、隣にはお客を入れません。そこまでしてくれます。ただ、今回から500wアップの35,000wになってました。まあ、それでも安いし、そこまで気を使ってくれますから。早々、以前話したことありますが、お客さん寂しかったら女性呼びますよ・・・ 私は、好きな女性とは会いたいけどお金だけで云々は、好きじゃないし、こだわりがあるから、とお断りしましたが・・・

 前段が長くなりましたが私が泊まっている旅館の近くのソウル観光ホテルとその横にあったコッチグイの店がしまってました。韓国の友人いわく、この地域は再開発地域だからそれでしまっているのだろうと・・・ 正直、寂しかったですね。私の行きつけだから。それと直接関係ないのですが、韓国の友人から、ましったさん、結婚しないで、女性とは友達関係で付き合った方がいいよ・・・ そうかなとも思ったのでした。

2008年7月20日

ktx到着 ソウル駅でのパフォーマンス
チョゲチョン その近く
明洞へ移動 その6

人を連れて回るのは・・・

 今回の訪韓の一番の目的は、芳洲セミナーへ参加することでした。同行した女性もそれに参加するための訪韓でしたし・・・ 日韓交流が民間レベルで活発になるのはいいことです。特に今は、竹島問題で敏感な時期ですから。そうそう、先日は同行した方のお友達と一緒に食事をしました。出会いがあってよかったと思っているところです。

 人を案内というか、同行するのは結構大変だと思いました。自分は、自分の予定があって、早くソウルに入りたかったのですが、結果的にソウルに着いたのは7時30分、まっすぐ来れば3時半には、ソウルには入れていたと思うし、そしたら後、何件か約束できたし、そう思うなら、断ればいいものをと思いつつ、断れない性格だから仕方ないよなと思いながら、そう思いなら書かなくていいものを・・・

 そういう意味ではなくて、人を連れて行くときには、他に約束ををすべきではないということですね。相手にも迷惑をかけますし、それと主張をすべきだとも思いました。自腹で来ている訳ですし、はっきりそのことを伝えてと思うのですが、相手のことを考えるとそれもできないというか、自分で自分の性格を嫌だなと思う瞬間ですね。自分で笑ってしまいます。

 ただ、次回からは、はっきり主張しようと思います。というか、基本的には、同行するのは断ろうと思います。韓国で自分の時間は、制限されていますから。自分が使いたいように使いたいから。ただ、先輩から依頼されれば断れませんが。

2008年7月19日

博多港出発 釜山に着きました
その2 その3 ここのマスターは福岡へ
その4 「ら」に目が向きます 昼食会場
参鶏湯を食べました その2

久しぶりの韓国

 天気もよくビートルは、海の上をすべるように走ります。景色もいいし、気分転換にはちょうどいいですね。今回は、連れがいます。行きだけですが、対馬の方なんですが、韓国への訪問が初めてということで、先輩を通して、一緒にいって欲しいという要望を受けて・・・ 当然断れませんよね。まあいいか、ということで・・・

 船はがらがらでした。お客の対場としては、ゆっくりできるので満席よりはいいなと思っているところです。今回もパソコンを持参しています。時間がある時に気楽に打てるのがいいですね。パソコンを持ち歩かないときには、帰国して、まとめて書き込むのですが、その時、思っていたことや考えていることを忘れていることって結構ありますから・・・ 忘れるくらいならたいした話じゃないだろうと言われそうですが。

 久しぶりと言いつつ、5月の連休には来ていますが。前回は連れが一緒だったので思うように動き回れませんでしたが。今回はあちこち回りたいというか回る予定です。ビートルの中で売られている免税ビールは350ミリで150円でした。ウォンでの支払いも可能で、1500ウォン。その時々のレートを考えて円にするか、Wにするか決めるのもいいのかもと思ったのでした。ちよっとせこいかな。

 今日は「チョボク」日本の土用の日で、韓国では、参鶏湯を食べます。昨日、食べましたが、写真の店は、釜山では人気の店ということで、3時過ぎてもお客がいっぱいでした。そこそこおいしい店でした。

2008年7月18日

職場近くの風景 その2
その3 その4
その5 その6

 今日から韓国です

 今日から韓国です。昨晩もジムに運動をしに行きました。大体、仕事を終えて、歩いて、自宅に帰り、それから、運動用の福や靴を持ってジムまでに行くのですが、洗濯がたまっていることにふと気がつき、洗濯をして空の移動となりましたので、ジムに着いたのは、7時半でした。それから、バイク、ジョギング等をしていると、あっという間に、1時間過ぎます。

 それから、シャワーをして、サウナして・・・ 9時過ぎますね。まあ、ちょうどいい時間帯ではあります。9時半で、ジム終りますから、お客も私しかいないので、貸しきり状態ですから、逆に広い風呂に渡し一人というのも寂しいような気もしますが。ただ、体重はなかなか落ちません。個人としては、あれだけ運動しているのだからとは思うのですが。

 インストラクターいわく、簡単についた肉は、苦労して落とさなくてはならないと・・・ 本当に苦労しています。ある程度までは、スムーズに落ちていたのに、その後は落ちません。困ったものです。今日から、韓国行くし、週末だから、もし、福岡にいてもいけませんが・・・ 今日から、韓国に行くのに、まだ、準備はできてません。

 昨晩ももし、緊急の呼び出しがあったらどうしようと思いつつ、なかなか眠れずやっとというか、これで、韓国にいけるぞと思ったのでした。今の職場は、いつ、電話で呼び出しがあるかわからないからですね。それでは、行ってきます。更新は、22日以降になります。多分。

2008年7月17日

職場近くの風景 その2
その3 その4
その5 空には飛行機が

 仕事が追いかけてくる

 事情により削除

2008年7月16日

職場近くの風景 その2
その3 その4
その5 その6

運動を始めますか

 結構、運動しているのですが、なかなか、体重落ちないし、そろそろ限界かもしれませんね。ジムに通おうかと思っているところです。共済のホテルでレガロが自宅近所にあるのですが、そこだと、300円で利用できるんです。以前は、時々使っていたのですが、ついつい足が遠のいてしまって・・・ 8年前になりますから。

 当時は、500円だったですから値下げですよね。今も500円の値段設定があるのですが、靴とスポーツウエアがセットになっていますから。ただ、やる気を出すには、やはり、自分の靴は欲しいですから、早速、今日、買いに行ってきましょう。まず、格好から・・・ そして、公言すれば、やらなくてはいけない状況に自分を追い込みますからね。

 とりあえず、今日、準備して、明日から始めることにします。毎日歩いているせいでしょうか、疲れにくいですね。腕立てや、腹筋もそんなに苦痛ではなくなりましたし。今年の2月18日から腕立てと腹筋をはじめたのですが、その時は、左腕を傷めていたこともあり(今もまだ本調子ではないけど)、腕立て伏せが5回、腹筋が10回からスタートですから、それが少しずつ回数が増え、今日は、腕立て180回、腹筋90回ですから・・・

 レガロがいいのは、お風呂もついていますから、風呂にゆっくり入れることでしょう。酒も飲む量も減りますし、一石二鳥ではなく、一石三鳥になるような・・・ というのが当初の予定でしたが、結局、靴を買ってそのままレガロへ行きました。9年ぶりでした。ちゃんと記録が残っていて、おかしかったのは、その時の体重と今が同じだったことですね。サウナと風呂に入ってくつろいできました。明日も行こうっと。

2008年7月15日

癒しのポトス 自宅にて 市内の花
その2 アクロス
市内風景 その2

靴を代えてみました

 足を傷めたこともあり、靴あいを代えました。快適です。最初から運動靴にしておけばよかったのにと思いながら。昨日は、少し遅めに出たのですが、予定通りというか、これまで出一番、最速でした。スピードが出るというか、靴ひとつでこんなに変わるものかと思ったのでした。以前も靴で、足を痛めてしまい、半年ほど通院したことがありましたから。

 快適に歩けるというのはいいですね。しばらくは、運動シューズで、通勤をしましょうかね。早々、今日は、山笠のクライマックスですね。これから、本格的な夏の始まりですね。福岡の夏は、山笠からですからね。先日、韓国済州道の研修に参加することが決まった話をしましたが、昨日名簿が送られて来ました。

 思わず、笑ってしまいました。参加者5人中、知らない人は一人だけでしたから。韓国の世界は、狭いなと改めて感じたのでした。独身女性もいるので、何かあるかもしれませんねと先輩にメールをしたら、まず、何も起こらないと思いますが、楽しんでください・・・ まあ、それはそうでしょうが、なんかあれば、いいですかね。いずれにしても楽しみではあります。

2008年7月14日

福岡市役所 その2 朝顔が 
その3 その4 緑が
その4 粕屋のひまわり

やっと直りました

 足を痛めてどのくらいたちますかね。左のふくらはぎが5月6日でしたから2ヶ月かかりましたし、右の親指も1ヶ月ですね。無理もしているかもしれませんが、靴がよくなかったというのもあるようです。靴をケチるもんじゃないと改めて思ったものです。そして今回思ったのは、便利な絆創膏があるなと思ったことです。私向けというか・・・ 

 その絆創膏は、一度張れば、一週間はそのままでよくて、薬もつけずにそのままで直してくれるというもの。医学の発達というか、便利なものがすぐに出てくるんだなと思ったのでした。韓国語では、バンドエイドのことを「いれよんぱんじゃんこ」と言ってました。この絆創膏は、なんと呼ばれるんですかね。ちょっと興味があるところです。

 今週末から大好きな韓国です。呼び出しを受ける心配もないし、自分の隠れ場なのかもしれません。誰でも生活をしていく上ではいろいろそんな刺激というか、圧力をかかえていきて行かなくてはならないわけで、皆さん、適当というとおかしい話ですが、マイペースで歩いていきましょう。無理は、いずれ自分に帰ってきますから。

2008年7月13日

山笠シリーズ  その2 
市内シリーズ その2
その3 その4

済州道へ

 済州道への研修通知が来ました。やった。そんな感じです。いつも受け入ればかりで、上司からは、お前何を考えているんだといわれ、いまだに実現していなかった、済州道研修。最初の研修で人の集まりが悪いから、ぜひ参加してくださいといわれ、実際受け入れで参加し、当然、次の年は、済州道への参加ありと思っていたのに。

 ふたを開けたら、なんてことはない、部の選考で、もれていて、そして、選考された方は、辞退されていて、何だ最初の約束はと思っていたのでした。それからも何度かチャンスはあったのですが、貴方は、自分のレベルを考えなさい、韓国語が話せる程度のレベルじゃないでしょうといわれ、課のレベルで落とされ・・・

 職場も変わったし、いいやん、韓国好きだし、正直ベースで、そう思っての応募でした。悲願の10年間ですね。最初の研修は、10年前に始まりましたから。最近は、済州道研修のためではありません。そうそう、一番大きいのは、先日の通訳の一件ですかね。辞書をいつも持ち歩き、引いていますし、いろいろ聴く言葉を韓国語に訳しています。そういう意味では、先日の通訳はいい刺激でした。

2008年7月12日

山笠シリーズ  その2 
その3 その4
その5 その6

送別会

 急遽、6月末で退職された方の送別会が開催されました。年齢的には、もう既に60歳になってあり、来年の3月には退職になるのですから、そんなに長い間を残しているというわけではありません。逆に60歳になって、退職できるというのはいいことだと思ったのでした。いいことというより、うらやましい気がします。私は、多分、65過ぎまで仕事しているでしょうから。

 60歳までは、当然、養育費を払う関係もあり、もちろん、生活できませんから。年金についても65歳からしか出ませんし、それに離婚しているから、年金も半分になっていますしね。個人的には、誰か、素敵な人が現れたらどうなるかわかりませんが、退職したら、ずっとになるか、しばらくかわかりませんが、韓国に行きたいと思っています。まだ、漠然としていますが。韓国に行って何をするというのは決めていません。

 まあ、そのうち、考えがまとまるでしょう。考え方ですが、日々、新しい出会いを求めて、男とか女の人とか関係なく・・・ 新しくなくても出会いは楽しいですね。自分にないものをもっている方や、自分と同じものを持っている人(韓国に対する熱い思い)・・・、熱いといえば、最近、暑いですね。私は、帽子ぐらいの防備がないので、既に真っ黒になってしまいました。

2008年7月11日

山笠シリーズ  その2 
その3 その4
その5 その6

にっコリネット福岡の総会

 日本コリアネットワーク福岡の愛称(略称)「にっコリネット福岡」の総会が、9日の夜、開催されました。9日は、夕方まで、韓国語の通訳をしてましたので、その足で総会の会場まで向かいました。さすがに篠栗町から福岡市まで歩いては時間的に無理だと判断し、隣駅の門松まで歩き、そこから、JRで吉塚まで移動。

 そこから、歩いていこうと思っていたのですが、その日としては、歩きすぎなので(歩きすぎると次の日に影響が出るため)、100円バスの区間まで歩くことにしました(15分程度)。そこからバスで移動しました。公共交通機関というか、エアコンのある空間で、ゆっくり座って目的地まで移動できるのは、快適だというのを感じました。

 総会には、十数名が参加していました。総会ですから面白いということはないのですが、みんな熱いなと思ったのでした。キーワードは、もちろん「韓国」。そういえば、「韓国語で語ろう会」も入会しようという話があったよな。私が単に申し込みをしていないだけかと思いつつも、語ろう会のメンバーは、月に一度、集まって、韓国語で話せばそれでいいから、わざわざ入らなくてもいいのかなとも思ったのでした。

 終わって打ち上げがありましたが、私は、昼間の通訳の件もあり、プレッシャーから開放されたことで、おいしく酒が飲めました。終わって、歩いて帰りました。本当は、歩きすぎなので、バスで帰ろうかとも思ってバス停まで行ったのですが、既に最終が出てしまっていて、それならと歩いて帰ったのでした。久しぶりに4万代後半でした。

2008年7月10日

山笠シリーズ  その2 
その3 その4
その5 その6

昨日は辛かったですね

 本格的な通訳は初めてでしたので、辛いものがありました。挨拶とか、懇親会での通訳は、時々していたのですが、教育関係の通訳をするというのは、結構大変でした。それと自分の実力のなさを痛感しました。原稿を当日もらって、結構専門用語もあるし・・・ 最初の頃は、挨拶とうだったので、そんなになかったのですが。

 時間がたっていくうちに検討をしようということで、専門の話になるんです。教育関係のことを知らないのに、専門の言葉もわからないし・・・ 話が長くなると最初に聞いた内容を忘れてしまうし、話すということと通訳は違うんだというのをまた、身をもって実感したところです。ただ、その通訳から開放されたときはどんなにほっとしたことか・・・

 緊張感が一気になくなるというか、緊張から開放されるというのはいいものです。先生たちは、そんな私の気持ちも知らず、韓国語お上手ですね。どこで勉強されたんですか・・・ わかる人が聞けばすぐにわかるんですがね。まあ、いいか、終わったし・・・ 結構いい加減ですね(いつものことですが)。気持ちを新たに韓国語を勉強しましょう。単語のボキャブラリーを増やしましょう。
 いろんな意味で、刺激になりました。これでまた、韓国語を勉強しようと思ったのですから。会話だけで満足している自分がそこにありました。

2008年7月9日

おいしい焼肉屋 その2 
夜の山笠  その2
山笠シリーズ その2

博多は山笠シーズン

 街中、山笠の飾りつけが私たちの目を楽しませてくれます。今週の日曜日に回れるだけみようと歩いて回りました。スタートは千代流れです。一番近いですからね。それから、博多駅方向に足を伸ばしました。そこから渡辺通り、天神、中洲川端、櫛田神社を経て、また、博多駅に足を向かわせました。博多駅で、食事の約束をしたからですね。

 今回からしばらく山笠の写真が掲載します。今回は、時代物の作品と子供たちというか、若手を対象にした作品が、時代物の裏には作られているのですが、「げげげの鬼太郎」の作品が二つあったのですが、それだけ人気があるということでしょう。私が子供の頃から楽しんでいましたし、ゲームもありましたから私の世代でも人気があると思います。

 それとは別に最近、映画化されたことも大きな理由なのでしょうね。私は、映画は見たことありませんでしたが、テーマソングの中で、お化けの学校には、試験がないというフレーズがあって、妖怪の学校っていいところだなと思ったのでした。なんと言っても鬼太郎、いつもいたずらをするけど憎めない鼠男、猫娘、砂かけ婆、こなき爺、いったんもんめ、塗り壁・・・ 不思議と覚えているものです。

 私たちの子供時代というのは、年をとっても鮮明ですね。そのときそのときを題字にというか、なるようにしかならないのだから・・・ そして、今生きているいることをもう数十年後には、あんなこともあったと思い出すのでしょうね。

2008年7月8日

ひまわり三昧 その2 
その3 その4
その5 その6

今日は休肝日

 なんか最近、元気がありません。仕事的というよりは精神的に・・・ まあ、だいぶ元気になりました。人間落ち込むこともあるよ。そういうこともあるよと自分ではそう思っていますがなかなか頭でわかっていても・・・ 以前はこういう時、酒を飲んでいました。酒で、紛らわすというか・・・ 今はそれをしません。

 そのときは良くても後で自分に帰ってきますし、いい意味で帰ってくればいいのですが、逆ですからね。少しは勉強したということですかね。ハハハ 今日は、暑かったからというわけではありませんがJRで出勤しました。朝ダイアリーの更新をしようと思っていたらパソコンの調子が悪くて、結局更新できず、時間だけが過ぎてJRに乗らざるをえなかったのでした。

 歩かなくて正解だったのかもしれません。駅から、職場に行くだけで、結構汗だくになりましたから。そうは言いつつ、昼休みは歩きました。昼休み歩くのは日課だからでしょうか。帰りは、わざと博多駅まで足を伸ばしました、そして、恒例の卸百家で食事をしてダイアリーを更新しています。ありがたいのは、友人駕、メールをくれたり、声を掛けてくれることですね。

 明日は、教育センターで日韓の通訳を依頼されています。原稿をもらったので、翻訳をしたんですがこんなんででいいのかなとも思いつつ・・・ 夕方からはにっコリネットの総会があります。いつもかわいがってもらっている方も一緒なので・・・ 

2008年7月7日

空がきれいです 花もきれいです 
その2 その3
その4 その5

今日は七夕・・・

 子供たちが小さかった頃は、笹に短冊をつるしてましたね。もう、今は昔となってしまいましたが。なんか、今日、月曜日から、ボーとしている自分がいました。久しぶりにJRを使って、職場に向かったのですが、思わず、乗り越してしまいました。座っていたわけでもないのに・・・ 恥ずかしいですね。しっかりしなくては・・・

 何年前でしたかね、七夕の夏という映画を見ました。下関と釜山が会場で、日本の女子高生と韓国の男子高校生との淡い恋物語です。そして、何十年後に再会するという話です。まあ、映画だよな、あんな出会いなんてないよと思いながらも・・・ 時代背景が私が幼い頃と近いので、そういう意味では、伝わるものがありました。

 今日は天気がいいので天の川のデートうまく行くことでしょう。なんか、私にもそんないいことないでしょうかね。なかなか、ありませんよね。さあ、行きつけの卸百家に顔を出しますか。今日も一日終わりました。エアコンの切れた職場は、暑いですね。まあ、夏だから当然ではありますが。また、新しい出会いを求めて。

2008年7月6日

花がきれいです その2 
その3 その4
その5 その6

失敗しました

 事情により削除

2008年7月5日

花がきれいです その2 
その3 その4
その5 その6

今週も終わりです

 月日の流れの速さを改めて感じているところです。今週も終わりです。職場近くのひまわりはとてもきれいです。ただ、もう枯れはじめました。夏といえばひまわりですが、そのひまわりが、少しずつ枯れ始め、仕方ないことではあります。一度咲けば枯れるというのは宿命ですから。永遠なんて事はありませんから。

 結婚もそうですね。この人と永遠にというか、死ぬまで一緒だと思って結婚をしたものの、結果はこの通りですから。身をもって体験しているというか、辛い現実ではありますが。まあ、いいこともあるでしょう。きっと・・・ そう思わないと人生楽しくありませんから。そうそう、もう少しすれば韓国に行きますしね。今日もいい出会いがあるかもしれませんから。

 そうそう、最近メル友ができました。いいですよ。なんか話をしたいときにちょっとメールを送れば、必ず返事が返ってきますから。今週も終わりという発想ではなく、来週が始まると考えるとポジティブなのかもしれませんね。ものは考えよう。そう思ってもついつい、そうなってしまいます。皆さんも楽しい週末をお過ごしください。

2008年7月4日

花がきれいです その2 
その3 その4
その5 その6

族譜を見てきました

 族譜を見てきました、これは、劇なんですが、韓国における創始改名をテーマにしたものです。日本人にとっては少し重たい内容でした。もともと、私は行くつもりはありませんでしたが、暇でしたから、誘われたもので見に行ったのでした。劇を見るのも久しぶりでしたが、結構、引き込まれました。日本は日本の立場で朝鮮の人が差別されないように日本人を名乗っても言いといっているんだと主張する。

 朝鮮人は、当然、自分の名前を変えられることに抵抗がある。族譜というのは、日本で言う家系図で、それを見せ、私の代で、この家の名前が変わる・・・ それは、先祖にも子孫にも悪い、そんなことはできないと、いろいろ嫌がらせをされ、最終的には、その改名をした日に自殺をするというものです。重たいですよね。

 日本人は、野蛮だ、戦国時代には、武士は、腹を切ったり、相手の首をはねてそれをわざわざ、持ち帰り、殿様に見せたり・・・ そこまで死体を侮辱しなくてもいいのではないかと、豊臣秀吉が朝鮮へ2回も出兵してきたが、もともと日本は、戦国時代が終わった頃で、武力もあり、その点、朝鮮は平和であったので200年も戦いをしていなかった、勝負は、火を見るより明らかでした。

 朝鮮半島は侵略され、女子供も関係なく殺された。殺されていない人は、命の代わりに耳や鼻を切り取られ、それをわざわざ日本へ持ち帰ったとのこと。残酷でしかない・・・ 創始改名も軍事力を補うために朝鮮人を日本人とし、日本人として戦場へ出すための手段だったと・・・ 重かったのですが、最後に朝鮮通信使の話が出て、なんかほっとしたような・・・

2008年7月3日

花がきれいです その2 
その3 その4
その5 その6

健康診断の結果はまだだけど

 まず尿検査、淡白が出てました。あ〜 最初からかよ。残念。身長、体重、担当の方から、は、体重が激減してますねとうれしいお話、中性脂肪も10台でしたし、昨年よりもいい結果。血圧も低くなっていたし、ただ、目はあんまし、今回はちゃんとめがねを持っていっていたのに、めがねをかけてもかけなくてもあまりか笑いからですね。

 そうは思いつつ、あと血液検査が引っかからなかったら、メタボじゃないよな。ただ、胴回りは、86.3センチといわれました。おなか引っ込めておけばよかったと思いつつ、そんなに要領よくないし、検査会場では、以前同じ福祉事務所で一緒の方と一緒になり、その当時を思い出しました。あれから20年ぐらい辰から、お互い、年取ったなと思いながら。

 最後に、問診がありました。淡白が出ているので、何か、薬を飲んでいるのではないかとか、激しい運動をしているのではないかといった・・・ 自分では、そんなに激しい、運動だとは思いませんが、昨日も2万歩以上歩いていますし、朝から、腹筋腕立てをしてますし、朝も歩いて職場に行きましたし、昼休みも歩き回っているから、激しい運動になるのかもしれないなと思いながら・・・ 健康診断で楽しめるものなんですね。いつも、苦痛でした・・・ 体重がまた増えているんじゃないかとか、問診で、先生から云々言われるのも嫌でしたから。

2008年7月2日

花がきれいです その2 
その3 その4
その5 その6 蝶が花にとまってます

なんか疲れました

 事情により削除

2008年7月1日

花がきれいです その2 
その3 その4
その5 その6

今日から7月です

 早いもので今日から7月です。この事務所に来て、3ヶ月がたちます。仕事にはまだまだ慣れません。難しいですね。そんなのあり・・・ 私は万年係長ですが、隣の係長が、いきなり今日から、課長?そんなことってあるんですね。驚きです。普通、係長があって、参事補佐がついて、課長補佐、参事、そして、やっと課長になるんですが、いきなり係長から、課長なんて・・・

 まあ、そういう意味では、私も可能性があるということで・・・ ありませんね。それよりは、好きなことをさせてもらって、万年係長でいいかなと思っているところです。今日からは、ポジティブに生きていこうと思っています。今日もちゃんと朝起きれたし、こうして、ダイアリーも更新できていますし。なかなか思ってもできないんですよね。

 離婚して、子供とも会えないしとか、彼女もいないとか、マイナスに考えるとそれまでですが、これからいい人が出てくるかもしれないとか、一人でもいいジャンぐらい思えば、楽しい、人生ですよね。少なくともちゃんと食事ができるし、生きていけるということに感謝しなくてはと思っています。感謝の気持ちを忘れていますね。常に感謝です。あまり、深く考えずに生きていくほうが楽だし・・・ しがらみではないのですが、いつもほかの人のことを考えてしまうというのがありますから。

     
toppage   7月日記   8月日記   掲示板